(公財)広島県男女共同参画財団「エソール広島」は,男女共同参画社会づくりのための拠点です

HOME
»
講座イベント情報

講座イベント情報

わたしらしい生き方を選択するためのワークショップ ~「男性だから」「女性だから」にかかわらない,わたしらしい生き方とは?~

20歳代の学生,社会人の皆様へ【参加者募集】
広島県の調査では,30歳代以降,「結婚」「育児」といったライフイベントを経験することで,性別に関する意識に影響される割合が高まる傾向にあります。このため,様々なライフイベントを迎える前の若い世代を対象に,男女に関する課題を意見交換し,解決策を検討するワークショップを実施します。
 
日 時(予定)【Zoomによるオンラインで実施】
 第1回:令和3年9月21日(火)18時30分~20時
 
第2回:令和3年10月1日(金)18時30分~20時

 

ファシリテーター
 丸山 法子さん(一般社団法人リエゾン地域福祉研究所 代表理事)
 
ワークショップ
 グループ(1グループ5名程度)に分かれて,ワークショップで実施
 ・第1回:意見交換
      男女に関する固定観念や男性,女性での不平等について

 ・第2回:検討・発表
      第1回の課題に対する解決策を検討・発表
 
申込方法
 こちらの申し込みフォームからお申込みください。
 ※連続した内容であり,2回とも参加いただける方を募集しております。 
 ※定員は20名。
対象は20歳代の学生・社会人に限定させていただきます。
 
募集期限
 令和3年9月13日(月)18時まで
 
その他
今後の展開として,ワークショップで発表いただいた課題解決策を進めるための交流会を検討しております。
 
実施主体 
広島県(受託先:公益財団法人広島県男女共同参画財団)

 

エソールひろしま大学 オンライン公開講座 SDGsスタディーズ


SDGsはなぜ、各国政府のみならず、地方自治体、地域コミュニティー、企業、非営利団体、研究機関等、そして市民や企業人を行動主体として実施されなければならないのでしょうか。SDGsの理解を深めて取り組めるよう、一人ひとりの課題として一緒に学んでみませんか。
 
日 時
令和3年10月2日(土)10:30~12:00
 
形 態
Zoomウェビナー
 
対 象
関心のある方,学生・企業の方 等
 
定 員
80名
 
講 師

丸本 美加 さん

 米国認定NPOアドバイザー
 英国グローバルNGO, HelpAge International 理事
 瀬戸内グローバル・アカデミー講師
プロフィール
 英米及びアジア太平洋諸国で20年にわたりビジネス・国際開発協力業務に従事。また日米にて英語教育に携わる。ミレニアム開発目標 (MDGs)から「持続可能な開発目標 (SDGs)への移行期には、アジア・太平洋30カ国以上の国会議員を対象とした会議・セミナーを開催し、SDGsアドボカシー活動を実施。マッキンゼー、アジア開発銀行、世界銀行グループ国際金融公社、国連開発計画、ハーバード燕京インスティチュート、防衛大学校等を経て現職。延世大学国際大学院国際学博士。国際基督教大学行政学大学院修士。カリフォルニア大学サンタ・バーバラ校経済学修士。津田塾大学国際関係学学士。幼少期を広島市および府中町で過ごす。現在はワシントンDC在住。
講義概要
​ 2015年9月国連総会にて、日本政府を含め国連加盟193カ国・地域がSDGsを採決、2016年から2030年までの15年間で17の開発目標下に設定された169ターゲットを達成することを誓いました。日本でもこの数年「SDGs」という言葉やその目標範疇にもある「気候変動とCO2削減」「環境保全」「男女共同参画」などが全国で議論され、具体的な施策やプロジェクトも実施されつつあります。広島県では、「安全・誇り・挑戦ひろしまヴィジョン」17の施策領域がSDGsと密接に相互関連し、SDGs達成への貢献につながる枠組みとアクションプランが策定されています。
 講座では、SDGsを正しく理解する一環として、その前身であるミレニアム開発目標 (MDGs: 2000〜15)、SDGs採択に至った歴史・政治・経済・社会的背景、MDGsとSDGsの相違点、SDGs採択文書と開発目標ターゲット・指標に忠実に評価された日本や他国の実施状況について講義します。また、「SDGsはなぜ、各国政府のみならず、地方自治体、地域コミュニティー、企業、非営利団体、研究機関等、そして、市民や企業人を行動主体として実施されなければならないのか?」など、参加者の視点から設問を設定し、一人ひとりの喫緊の課題としてSDGsへの理解を深め実践・取り組みに繋げることを目標とします。

 
受講料
無料
 
申込
こちらの申し込みフォームからお申込みください。
チラシ





 

 

結成40周年-広島県の男女共同参画をすすめる会がお贈りする映画祭- (共催事業)

上映作品【ヒロシマへの誓い-サーロー節子とともに-】
ノーベル平和賞受賞スピーチで世界を感動させたサーロー節子。
彼女の原点とは-?



サーロー節子/竹内道(プロデューサー)
2019年/アメリカ映画/82分
 
◆日 時
 令和3年9月23日(木・祝)
  13:00 開場・受付開始
  13:55 開会挨拶
  14:00 映画上映
  15:22 謝辞・閉会挨拶
 
◆会 場
 広島県民文化センターホール
 (広島市中区大手町一丁目5-3)
 
◆鑑賞料金
 1,000円(全席自由)
 ※エディオン広島本店プレイガイド(東館9階)にてチケット発売中!
 
●ご来場の際はマスクの着用・消毒にご協力ください。
●発熱や咳・咽頭痛等の症状がある方はご遠慮ください。
 
主 催:広島県の男女共同参画をすすめる会
共 催:公益財団法人広島県男女共同参画財団
後 援:広島県,中国新聞社
協 力:広島市地域女性団体連絡会,シネマキャラバンV.A.G
 
【問合せ】
広島県の男女共同参画をすすめる会
電話 080-1913-3557(佐藤)(10:00~16:00 平日)
E-mail d5d3m5@bma.biglobe.ne.jp(西中)
 
映画祭について,詳しくはチラシをご覧ください。

 

第19期 メンタルサポーター養成講座(10月~2月・全7回)

相談業務や,対人援助活動に携わる方を対象とした講座です。
援助の現場では,新しいことや,自分の知らないことが次々と現れてきます。
社会の変化をどうとらえるか?ジェンダー平等の視点を持つためには?
人間関係に現れる心理的課題に取り組むためには?
これらを理解し,克服するためには,日々の学びが大切です。ご一緒に学びましょう。

 
受講期間
令和3年10月31日(日)~令和4年2月6日(日)(全7回)
 
受講時間
10:30~15:30(昼休憩1時間)
 
受講場所
エソール広島 おりづるタワー10階(広島市中区大手町1-2-1)
 
定  員
25名
 
対  象
相談業務や対人援助活動に携わっている方(資格の有無,性別を問いません。)
 
プログラム
心理部門(5回)

(1)開講日:10月31日(日)
テーマ:子どもの諸問題に対する理解と実際 ~こころの発達と関わりの工夫~
講 師:古元 邦子さん
(心理相談室アフォーダンス代表 臨床心理士・公認心理師)
 
(2)開講日:11月27日(土)
テーマ:精神疾患の理解と心のケア
講 師:水谷 剛司さん
(ほうゆう病院心理室長 臨床心理士・公認心理師)
 
(3)開講日:1月9日(日)
テーマ:認知症の人と介護家族者への心理的支援
講 師:野村 妙子さん
(特別養護老人ホーム三滝苑施設長 臨床心理士・公認心理師・社会福祉士)
 
(4)開講日:1月23日(日)
テーマ:夫婦・家族に対する支援 ~家族カウンセリングを中心に~
講 師:村上 雅彦さん
(広島ファミリールーム所長 臨床心理士・公認心理師 村上 雅彦さん)
 
(5)開講日:2月6日(日)
テーマ:対人援助職のためのセルフケア
                    ~学んだ知識や技能を生活で生かすために~
講 師:小早川 久美子さん
(えなカウンセリングルームカウンセラー 臨床心理士・公認心理師)

 
男女共同参画部門(2回)

(1)開講日:11月14日(日)
テーマ:コロナ禍であらわになる女性の苦境 ~性被害とDVの実態と支援~
講 師:寺西 環江さん(弁護士)
 
(2)開講日:12月12日(日)
テーマ:男性介護者が抱える苦悩 ~ジェンダーの視点から読み解く~
講 師:春日 キスヨさん(臨床社会学者)

 
受講料
30,000円(税込み)
 
申込方法
申込フォーム,またはFAX・Eメールからお申込みください。
*FAXでお申込みの場合は,お手数ですが送信後に到着確認のためお電話ください。
*Eメールでお申込みの場合は,件名を「メンサポ講座申込」としてください。
*選考の結果,受講をお断りすることがありますのでご了承ください。結果は,選考後,全員に通知します。 

申込フォームはコチラ


 
募集締切
令和3年10月20日(水)17時まで
 
その他
・全課程修了後は,メンタルサポーター養成講座修了証書を授与します。
・やむを得ず講義を欠席された場合,DVDでの学習も可能です。

 
申込・問合先
公益財団法人広島県男女共同参画財団
TEL 082-242-5262  FAX 082-540-5441
Eメール essor@essor.or.jp   



 

 

LGBTスタディーズ 【性の多様性と教育-実践への第一歩-】を開催します!

※広島県の早期集中対策に伴い,延期となりました。
 日程が決まり次第,HP,facebook,LINEにて
 お知らせします。



参加者募集中!
LGBTスタディーズ
【性の多様性と教育-実践への第一歩-】

 


この講座は <ジェンダー,セクシュアリティについて深く正しく学び,その知識を周りの人に伝授する,「LGBTスタディーズ」>を大枠のコンセプトとしています。

LGBTという言葉が一般にも広まり,学校など教育現場にも「自分はみんなと性の感じが違う」と悩む子どもたちがいると知られるようになってきました。
性の多様性について,大人は子供たちに,何を,どのように伝えれば良いのでしょうか?学校でできることは何でしょうか?
今回は,授業例や子どもたちの姿を通して学びたいと思います。
性の多様性が尊重される学校づくり,授業のあり方のヒントになる視点をご一緒に考えましょう。
教育関係の皆さまほか,幅広い分野の方のご参加をお待ちしています。



 
日 時
令和3年18日(水)13:00~16:00   →延期となります。
 
場 所
エソール広島研修室
 
定 員
50名(先着順)
 
参加費
一般 1,000円
学生  500円(受付にて,学生証をご提示ください)

※当日,受付にてお支払いをお願いします。

 
申込方法
 
申込フォーム
FAX申込書
チラシ


【プログラム】
13:00~14:00 
講演「多様性の基礎的な考え方-とくに性の視点で」
講師:大池真知子さん(広島大学ダイバーシティ研究センター センター長 教授)
【休 憩】10分
14:10~15:40
講演「学校・学級・授業」
講師:城英介さん(”人間と性”教育研究協議会広島サークル代表幹事・中国ブロック幹事)
15:40~16:00 
質疑応答・意見交換

※今後の新型コロナウイルス感染状況によっては,延期または中止の可能性もあります。

 

【YouTube期間限定公開】岡田恵美子さんを偲ぶ会~追悼メッセージ~ in エソールひろしま(おりづるタワー)

 当財団と関わりの深い被爆体験証言者の岡田恵美子さんが、去る4月10日にご逝去されました。
岡田さんは、当財団の講座「令和2年度エソールひろしま大学」のカリキュラム「ヒロシマから考える平和~時代を生き抜く~(3/6開催)」の講師を務められ、また、同講座の前身である「ひろしま女性大学」の第1期修了生(平成元年度)でもあります。

 そのようなご縁から、7月4日(日)、岡田さんと生前関わりのあった皆さんが、『被爆体験を継承する会』の呼びかけでエソール広島(おりづるタワー10階)に集い、岡田さんを偲びました。この会では、様々な分野の方々が素晴らしいスピーチをされました。この度、その記録を9月30日(木)まで公開します。

 岡田さんは被爆者として、たくさんの子どもたちや戦争を知らない世代に「二度と戦争や差別、いじめなどのない世界をつくり、核兵器廃絶のための行動を」と一生を掛けて訴え続けられました。私たちも岡田さんの平和への熱い思いを、おりづるタワーから発信してまいりたいと思います。




 

 

第19期 メンタルサポーター養成講座(10月~2月・全7回)

 相談業務や,対人援助活動に携わる方を対象とした講座です。
 援助の現場では,新しいことや,自分の知らないことが次々と現れてきます。
 社会の変化をどうとらえるか?ジェンダー平等の視点を持つためには?
人間関係に現れる心理的課題に取り組むためには?
これらを理解し,克服するためには,日々の学びが大切です。ご一緒に学びましょう。

 
受講期間
令和3年10月31日(日)~令和4年2月6日(日)(全7回)
 
受講時間
10:30~15:30(昼休憩1時間)
 
受講場所
エソール広島 おりづるタワー10階(広島市中区大手町1-2-1)
 
定  員
25名
 
対  象
相談業務や対人援助活動に携わっている方(資格の有無,性別を問いません。)
 
プログラム
心理部門(5回)

(1)開講日:10月31日(日)
   テーマ:子どもの諸問題に対する理解と実際 ~こころの発達と関わりの工夫~
   講 師:古元 邦子さん
   (心理相談室アフォーダンス代表 臨床心理士・公認心理師)
 
(2)開講日:11月27日(土)
   テーマ:精神疾患の理解と心のケア
   講 師:水谷 剛司さん
   (ほうゆう病院心理室長 臨床心理士・公認心理師)
 
(3)開講日:1月9日(日) 
   テーマ:認知症の人と介護家族者への心理的支援
   講 師:野村 妙子さん
   (特別養護老人ホーム三滝苑施設長 臨床心理士・公認心理師・社会福祉士)
 
(4)開講日:1月23日(日)
   テーマ:夫婦・家族に対する支援 ~家族カウンセリングを中心に~
   講 師:村上 雅彦さん
   (広島ファミリールーム所長 臨床心理士・公認心理師 村上 雅彦さん)
 
(5)開講日:2月6日(日)
   テーマ:対人援助職のためのセルフケア 
                    ~学んだ知識や技能を生活で生かすために~

   講 師:小早川 久美子さん
   (えなカウンセリングルームカウンセラー 臨床心理士・公認心理師)

 
男女共同参画部門(2回)

(1)開講日:11月14日(日)
   テーマ:コロナ禍であらわになる女性の苦境 ~性被害とDVの実態と支援~
   講 師:寺西 環江さん(弁護士)
 
(2)開講日:12月12日(日) 
   テーマ:男性介護者が抱える苦悩 ~ジェンダーの視点から読み解く~
   講 師:春日 キスヨさん(臨床社会学者)

 
受講料
30,000円(税込み)
 
申込方法
申込フォーム,またはFAX・Eメールからお申込みください。
*FAXでお申込みの場合は,お手数ですが送信後に到着確認のためお電話ください。
*Eメールでお申込みの場合は,件名を「メンサポ講座申込」としてください。
*選考の結果,受講をお断りすることがありますのでご了承ください。結果は,選考後,全員に通知します。 

申込フォームはコチラ
申込書はコチラ

 
募集締切
令和3年10月20日(水)17時まで
 
その他
・全課程修了後は,メンタルサポーター養成講座修了証書を授与します。
・やむを得ず講義を欠席された場合,DVDでの学習も可能です。

 
申込・問合先
公益財団法人広島県男女共同参画財団
TEL 082-242-5262  FAX 082-540-5441
Eメール essor@essor.or.jp   



 

 

「聞く技術」を学ぶ <メンタルサポーター養成講座 基礎編>

※定員に達した為,募集受付は終了しました。
※新型コロナウイルスまん延防止等重点措置の発令に伴い,日程を延期させていただきました。


新型コロナウイルスの影響で,私たちの生活は大きく変化しました。
新しい生活様式の中で「聞く技術」 は,ますます必要となっています。
人とかかわる上で基本となる技術をこの機会に身につけてみませんか?
初めての方にも,経験豊富な方にもおすすめの講座です。

 
講  師

小早川 久美子さん
(えなカウンセリングルームカウンセラー/臨床心理士・公認心理師)

 

受講期間
令和3年8月29日(日),9月12日(日),9月26日(日)(全3回連続講座)
    9月26日(日),11月23日(火・祝),12月3日(日)

 
受講時間
13:00~16:00
 
受講場所
エソール広島 おりづるタワー10階(広島市中区大手町1-2-1)
 
定  員

20名
 

対  象
テーマに関心にある方ならどなたでもご応募ください。
 

プログラム

講義概要【PDF】

▶ステップ1
9月26日(日) 13:00~16:00
「相手と関わる」「相手に共感を伝える」ための土台をロールプレイで学ぶ
表情,視線,しぐさ,声,姿勢,対人距離は?

▶ステップ2
11月23日(火・祝) 13:00~16:00
傾聴姿勢を土台として,次は,言葉によって伝えていく練習
信頼して,自分の悩みを話したくなる言葉かけとは?

▶ステップ3
12月3日(日) 13:00~16:00
傾聴する姿勢,話の内容を正しく理解する力,
相手に共感し,悩みの本質をどのように伝える?
解決に向かうための技法

 

受講料

10,000円(税込み)
 

申込方法

申込フォームまたはFAX申込書でお申込みください。
定員に達し次第,受付は終了します。

※募集受付は終了しました。
申込フォーム
FAX申込書
チラシ

 

コロナと女性の自死~コロナが浮き彫りにした女性たちの厳しい現実~


2020年の自死者数が確定値で前年より912人増の2万1,081人。
男性は減少しましたが,女性は935人も増加しました。
コロナ禍で女性たちに何が起きているのか。
女性たちが追い込まれていく背景にはどんな事情があるのか。
女性たちが直面している厳しい現実について様々な資料を元に考えます。

 
日 時
令和3年7月31日(土) 13:30~15:30(5分間休憩を挟みます)
 
会 場
エソール広島 おりづるタワー10階(広島市中区大手町1-2-1)
※zoomによるオンライン参加も可能です。

 
対 象
相談業務ならびに対人援助に携わっている方,テーマに関心のある方
 
定 員
会場:50名
オンライン:80名
※定員に達し次第,受付は終了します。

 
講 師
弁護士 佃 祐世(つくだ さちよ)さん
 
受講料
受講料は無料です。
 
参加申込
申込フォームまたはFAX申込書でお申込みください。
申込フォーム
FAX申込書
チラシ

 

LGBTスタディーズ 【21世紀の家族のかたち-同性婚とパートナーシップ宣誓制度から考える-】を開催します!

参加者募集中!

LGBTスタディーズ 
【21世紀の家族のかたち
  -同性婚とパートナーシップ宣誓制度から考える-】

 

この講座は <ジェンダー,セクシュアリティについて深く正しく学び,その知識を周りの人に伝授する,「LGBTスタディーズ」>を大枠のコンセプトとしています。

今回は,「LGBTスタディーズ 21世紀の家族のかたち-同性婚とパートナーシップ宣誓制度から考える-」とし,同性婚訴訟の弁護士と原告,選択的夫婦別姓訴訟の原告から話を聞くことにより,現状を知り,そこから見える問題点について改善点や解決方法を模索しながら「家族的価値観」について深く理解し,性的マイノリティの問題だけではなく,すべての人たちにとって身近な問題であると認識することをテーマとしています。

 
日 時
 令和3年18日(日)13:00~16:00
 
場 所
 エソール広島研修室
 
定 員
 50名(先着順)
 
参加費
 2,500円 ※当日,受付にてお支払いをお願いします。
 
申込方法
 お申し込みはコチラ

【プログラム】
※今後の新型コロナウイルス感染状況によっては,延期または中止の可能性もあります。


<第一部> 13:00~14:00
  「結婚の自由をすべての人に」九州訴訟(同性婚訴訟)
     原 告 こうすけさん,まさひろさん
     弁護士 森 あいさん

<第二部> 14:05~15:05
   選択的夫婦別姓訴訟 原告    恩地 いづみさん
   広島修道大学 人文学部教授 河口 和也さん

<第三部> 15:10~16:00
   オープンディスカッション
   河口 和也さんをファシリテーターに,4名の皆さまに自由にお話しいただきます。
 
今,日本社会においても性的マイノリティのパートナーシップや,同性婚などのいわゆる新しい家族関係の形成に向けた動きが活発化しています。しかし,同性婚とパートナーシップ宣誓制度が「似て非なるもの」であることは認識されていないのが実情です。今回は,5人のゲストをお迎えして正しく学びます。21世紀の新しい家族のかたちを考える第一歩の講座です。ジェンダー平等にも深くかかわる課題を,ご一緒に学びましょう。
ぜひ,期待してご参加ください。