(公財)広島県男女共同参画財団「エソール広島」は,男女共同参画社会づくりのための拠点です

HOME
»
講座イベント実施報告

講座イベント実施報告

第12期エソールひろしま大学基礎講座が修了しました

9月9日(土)に第12期エソールひろしま大学基礎講座「男女共同参画 てっぱん講座」が修了しました。
7月8日から3ヵ月実施し,28名の方が修了されました。
修了生の感想として次のような声が聞かれました。
  • 様々なテーマで幅広く学習できた
  • 毎回興味深いテーマで,色々な知識が得られた
  • 知らなかったことや気づかなかったことに気づくことができた
講座の様子 

 

エソールひろしま大学基礎講座 開講しました!

7月8日(土) 第12期エソールひろしま大学基礎講座「男女共同参画てっぱん講座」の第1回学習会を実施しました。
今回,定員25名を越えるお申込みをいただき,最終的に32名の方に受講していただくことになりました。ありがとうございました。
これから3ヵ月間,計6回講座を多角的な視点で男女共同参画について学習していきます。


  開講の様子 
エソールひろしま大学についてはこちらをご覧ください      

 

エソール広島映画祭を開催しました

6月24日(土)にエソール広島映画祭を開催しました。
当日は杏さん主演の映画「オケ老人!」の上映のほか,東日本大震災被災者支援のハンドマッサージ, もみじ作業所の商品販売,乳がん自己検診法体験学習,バザーなど様々な催しもあり,約400名の方にご来場いただきました。
ありがとうございました。

写真1 写真2 写真3

写真4 写真5 写真6

 

男性対象講座を3コース実施しました

エソール広島では,今年度,男性を対象とした講座を3コース開催しました。
この講座は家庭や地域における男女共同参画についての理解を深めるとともに,実践のきっかけづくりのためにエソールひろしま大学応用講座の1つとして開催しています。
開催した講座
「皮から手作り 男の餃子」 11/27(日)・1/22(日)10:30~13:30
  講師:沖野恵子さん(管理栄養士) 参加者:23名(2回合計)
「実家を片づける~親とよりよい関係を築くためのヒント~」 12/3(土)13:30~16:30
  講師:渡部亜矢さん((一社)実家片づけ整理協会代表理事) 参加者:27名(男性20名,女性7名)
  ※パートナーとのペアで女性も参加可
「思春期の子どもと何を話そう?どう話そう?~すぐに使える父子のコミュニケーション~」 12/17(土)10:00~12:30
  講師:小崎恭弘さん(大阪教育大学教育学部准教授) 参加者:14名

参加者アンケートからは
  • この機会を通じていろんなことにチャレンジしてみたい(男の餃子参加者)
  • 一通りの手順で料理したことはいい経験になった(男の餃子参加者)
  • 片づけ方の総論から各論へ具体的でわかりやすかった(実家の片づけ参加者)
  • これから実家の片づけを大がかりにやっていく上で大いに活用したい(実家の片づけ参加者)
  • 今回の話をヒントに子どもと向き合いたい(思春期講座参加者)
  • 子どもとのコミュニケーションが楽しみになった(思春期講座参加者)
などの声が聞かれました。

「皮から手作り 男の餃子」※メニュー「焼き餃子・スープ餃子・バナナのユーホー揚げ」
写真1 写真2 写真3

「実家を片づける」
写真4 写真5

「思春期の子どもと何を話そう?どう話そう?」
写真6 写真7

男性講座について詳しくはこちらをご覧ください。
 

 

第14期メンタルサポーター養成講座基礎コース修了報告

3月19日(日)に第14期メンタルサポーター養成講座基礎コースの最終回及び修了式を開催しました。
今期は10月から半年間,全7回の講座を開催し,36名が修了されました。
最終回は,プログラム作りから関わっていただいた,広島文教女子大学の小早川久美子先生の「基本的傾聴技法の修得Ⅱ」の講義でした。
最後にこれまでの学習をふりかえり,グループで「本講座で学んだこと・印象に残ったこと」と「自分の仕事や生活にどのように生かすことができるか」を話し合い,共有して終わりました。
修了された受講生からは講座を受けての感想として次のような声が聞かれました。
  • 幅広く様々な分野での支援方法を学ぶことができた。
  • 自分の気づけていない視点をいろいろ持つことができた。
  • 講師陣の充実,わかりやすい講義で実際に活かせる。

メンサポ1 メンサポ2



メンタルサポーター養成講座についてはこちらをご覧ください。

 

管理職研修「ハラスメントとメンタルヘルスの基礎講座」を開催しました!

2月16日(木)に,管理職研修「ハラスメントとメンタルヘルスの基礎講座」を実施しました。
この講座は,昨年男性講座で開催し好評で,今年度は企業の管理・監督者,人事労務担当者・管理職の方を対象に開催し,定員を超える26名にご参加いただきました。
講師は,オフィス・インテグラル株式会社代表 臨床心理士の澤田章子さんをお迎えし,ハラスメントの基礎知識と,対応策について事例のDVDを見て実践的な内容をグループディスカッションを通して学びました。
後半は,メンタルヘルスの基礎知識とストレスの成り立ち,うつについての基礎知識,休職時の対応などについて理解を深めました。グループワークでは,各企業での取組状況などを交え活発な意見交換ができました。
受講アンケートからは
  • ハラスメントからメンタルヘルスまで幅広く学べて大変充実した講座でした。
  • 何となく理解していたと思っていたことについて,更に理解が深まりました。
  • 重要な事項をきちんと整理してコンパクトにまとめてくださり,分かりやすく教えていただけました。
  • ポジティブ思考の方法を周囲にも周知したいと思いました。
などの声が聞かれました。

写真1 写真2

 

 

中堅社員研修「もう一歩を踏み出すためのプラスアップ研修」を開催しました!

3月4日(土)に,中堅社員研修「もう一歩を踏み出すためのプラスアップ研修」を実施しました。
この講座は,現在就業中の中堅女性社員を対象に開催し,定員を超える30名にご参加いただきました。
講師は,ブラマンテ株式会社代表取締役 キャリアアドバイザーの田島弓子さんをお迎えし,仕事と家庭を両立しながら,今後管理職を目指すためにもう一歩踏み出すためのキャリアについての考え方や心の保ち方について学びました。
最後に講師の田島さんと参加者全員で交流会を開催し,活発な意見交換が行われ充実した時間となりました。
受講アンケートからは
  • 今の自分に必要なキーワードが沢山ありました。とても楽しく有意義な時間でした。
  • 社内で女性活躍推進の活動をしているのでとてもピンポイントな研修で,逆に勇気をいただきました!!
  • 個々には書ききれないほど,感動し,得るものがたくさんありました。自分の今後のこと,そして会社での人材育成担当としてやりたいこと,一歩ずつ進められたらと思います。
  • 納得と言うか,共感できる部分が多くあり,自分の中にストンと入ってきました。
などの声が聞かれました。

写真1 写真2

 

 

「健康かふぇ わたしにやさしいお薬講座」 開催しました!

 「女性の健康週間(3月1日~8日)」にあわせ,3月4日(土)に広島県女性薬剤師会さんと協働し「健康かふぇ わたしにやさしいお薬講座」を開催いたしました。定員を超えるお申込みをいただき,25名の方が参加されました。
 講義では,薬に関するQ&A,サプリメントについて,脳の老化,口腔ケア,残薬管理などについて楽しく学びました。
 受講アンケートからは
  • 薬の飲み方の話で知らないことが色々ありました。説明がわかりやすく楽しく勉強させていただきました。
  • 残薬大変参考になりました。どうしたら飲めるか薬剤師さんと一緒にフランクに話していいと思えることができました。薬局をもっと気軽に活用していいんだと思いました。
  • 具体的な日常生活に役立つものでためになりました。
などの声が聞かれました。

 写真2

 

 

「新人キャリア研修」を開催しました!

2月11日(土)に,エソールひろしま大学応用講座「新人キャリア研修」を開催し,20名の方にご受講いただきました。
前半はグループに分かれてのワークを通し,自身の社会人基礎力を見つめなおすとともにビジネスマナーの再確認を行いました。後半は参加者が抱えている不安や学びたい質問を中心にどのようにしたら良いかについてQ&Aで学習していきました。最後に先輩社員としてあるべき姿と後輩指導を行う際のポイントを学びました。活気溢れる4時間の研修となりました。
受講アンケートからは
  • 普段考えることがなかった多くの事に気づくことができた。今後自分次第で大きく成長できるのでがんばりたい。
  • 社会人として働く上で身につけておくべき知識や教養を改めて学ぶことができ,その姿をしっかりと後輩に伝えておきたいと思った。
  • 基本の確認のみならず,後輩指導の技術面でも有意義であった。
  • 分かりやすく,ゲームのようなものもあり,楽しく学ぶことができた。
などの声が聞かれました。

写真1 写真2

 

 

エソール広島特別講座「若者の貧困」を開催しました!

1月21日(土)に,エソール広島特別講座「日本の現在(いま)若者の貧困」を開催しました。
20万部超えの著作『下流老人』で有名なほっとプラス代表理事の藤田孝典さんをお迎えし,いま社会問題となっている若者の貧困の現状とその要因を実例を交えながらお話しいただきました。また,これから貧困に対してどのような対策をとるべきかもあわせて学びました。
89名の方にご受講いただきました。
受講アンケートからは
  • 「下流老人」を読んで興味を持って参加させていただきましたが,若者の貧困が全ての世代に関わっていることがわかって色々考えさせられます。
  • 現実を知ることはできるので,活動に足を運びたい。そこから地域で必要なことを続けていきたい。田舎なのでひとり親さんが実家近くに帰って生活されている。人口減の地域なので応援していきたい。施設の子どものボランティアにこんなことが何になるのかって悩んでいたけれど,これからもあの子達の未来を応援していこうと気持ちを新たにした。
  • 子ども,若者の貧困の実態を知り,では自分に何ができるかを考える機会を与えられました。子育て支援に関わっているので,この方面から見聞きしたことを情報共有する仲間を作りながら地域で活動をしていきたいです。『ソーシャルアクション』キーワードにしたいです。
などの声が聞かれました。

写真1 写真2