(公財)広島県男女共同参画財団「エソール広島」は,男女共同参画社会づくりのための拠点です

HOME
»
講座イベント情報
»
アーカイブ:2016年
»
7月

講座イベント情報

他機関連携講座『被爆70年,戦後70年記念誌「昭和20年(1945年)の私」発刊記念式典』

被爆70年、戦後70年記念誌「昭和20年(1945年)の私」発刊記念式典


『広島県の男女共同参画をすすめる会』では,「被爆70年,戦後70年」にあたる2015年(昨年),会員と県内の女性から「昭和20年の私」というテーマで手記を募りました。
激動の戦中戦後の暮らし,極限の中をしたたかに生きた様子,戦争体験,祖父母や両親から聞いたこと,貴重な体験を後世に伝えたいことなど,60歳後半~100歳までの42名の投稿があり,今年3月に刊行しました。
すすめる会ではこの記念誌の発行をとおし,あらためて「平和」を考えるとともに,広島の女性史の発掘と保存活動に役立てたいと考えました。
この度手記発刊を記念し,下記のとおり記念式典を開催します。どなたでも参加できますのでお誘いあわせの上,ご来場ください。
 
 
日時
2016年7月31日(日)13:30~15:30
 
場所
エソール広島(広島市中区富士見町11-6)
 
内容
・ デュオ 旭爪姉妹によるヴァイオリンとピアノ演奏
・「被爆70年、戦後70年記念事業」手記投稿者の皆さんによるフォーラム
・“比治山大学”の学生さんによるパフォーマンス
・“ひろしま音読の会”のみなさんによる朗読
 
参加費
無料
 
その他
ティーパーティ・式典終了後に開催・約1時間・会費1,000円
 
主催・問合せ・申込先
広島県の男女共同参画をすすめる会
宮本携帯 090-2002-9876
長妻携帯 080-1906-6287
E-mail  sachiko-m@sky.megaegg.ne.jp
ちらしはコチラ(PDF:142KB)
 
共催
公益財団法人広島県男女共同参画財団
 

 

相談援助活動の基本の"き"

おかげさまで定員に達しました。ありがとうございました。
現在キャンセル待ちで申し込みを受け付けています。

相談業務や対人援助活動に携わりたい方のための

相談援助活動の基本の"き"

「相談を受けた時,何を言ってあげたらいいの?」
「人と関わる活動をしてみたい」
「カウンセリングとは何だろう?」

職場や家庭で相談をもちかけられたときに,どのように対応すればよいのか戸惑うことが多いのではないでしょうか。
この講座では,相談を受ける側の基本姿勢と対人関係の基礎を,カウンセリングという方法から学びます。
講師は,日本を代表する心理臨床家で,カウンセリングの指導・普及にあたられている鑪 幹八郎さんです。

講師

鑪先生写真

 

(一財)広島カウンセリング・スクール理事長

鑪 幹八郎(たたら みきはちろう)さん

臨床心理士・教育学博士・WAWI精神分析家

広島大学名誉教授,京都文教大学名誉教授,京都文教大学前学長,日本心理臨床学会前理事長。
1961年,京都大学大学院博士課程修了。
専門は精神分析学,臨床心理学。
『夢分析の実際』『アイデンティティの心理学』ほか著書多数。

内容

■ 1日目 7月9日(土)  カウンセリングの基礎 「聴くこと・共感すること」

誰かに話を聴いてもらって,気持ちが楽になった,元気が出てきたという経験はありませんか。
“誰かに話す,誰かに聴いてもらう”という人間関係のなかに,援助活動の大切なことがあります。
相談者も相談を受ける側も心のなかでは何が起きるのでしょうか。
1日目は,「聴く」こと,「共感」することを学びます。カウンセリングは簡単なようで,実は,とても高い技術が必要とされています。ご一緒に学びましょう。

■ 2日目 7月16日(土) 「信頼すること」

傾聴・共感という基本姿勢があると,人は誰かにわかってもらえたという体験になります。
さらに,しっかり信頼しあえる関係があると,自分で困難を乗り越える力がわいてきます。
2日目は,「信頼する」ということについて,ライフサイクルのアイデアを基にご一緒に考えましょう。

※原則2日間受講。ただし,定員に余裕がある場合に限り1日のみの参加も可能です。

開講時間

2日共 13:30〜16:30

開講場所

エソール広島

定員

25名(先着順)

受講料

8,000円(1日のみ受講の場合は5,000円)

対象

相談業務ならびに対人援助に携わりたいと考えている人

申込方法

電話・ファクス・Eメールまたは下記申込フォームでお申込み後,受講料をお振込またはご持参ください。
*Eメールでお申込みの場合は,件名を「基本のき講座申込」としてください。

【振込先】
ゆうちょ銀行
加入者名:公益財団法人広島県男女共同参画財団
口座番号:01390-2-18131

ゆうちょ銀行以外の金融機関から振り込まれる場合
銀行名:ゆうちょ銀行
金融機関コード:9900
店番:139
預金種目:当座
店名:一三九店(イチサンキュウ店)
口座番号:0018131
加入者名:公益財団法人広島県男女共同参画財団

*恐れ入りますが振込手数料はご負担ください。納入いただきました受講料は原則として返金いたしかねます。

託児

有料・1歳~就学前・お子様お1人につき1日1,000円・7月2日(土)までに要予約

募集要項等

募集チラシはコチラ [PDF:437KB]
申込書はコチラ [WORD:79KB]
ネットからの申込フォームはこちら

主催・申込・問合先

公益財団法人広島県男女共同参画財団
TEL 082-242-5262   FAX 082-240-5441

その他

メンタルサポーター養成講座の詳細についてはこちらをご覧ください

 

 

エソールひろしま大学基礎講座 7月開講!

おかげさまで定員を越えるお申込みを頂き,募集を締め切らせていただきました。ありがとうございました。

エソールひろしま大学基礎講座 

男女共同参画の視点で日本の“今”を再発見!男女共同参画てっぱん講座

今社会で何が起こっているのか?各テーマを男女共同参画の視点から見直すことで社会の現状にせまります。
多角的に物事を見ながら本質を捉える力が養える講座です。

内容

■ 1回目 7月2日(土)  
今って本当に女性が働きやすい社会なの?「案外知らない 働く女性たちの世界」
講師:礒田朋子さん(広島文化学園大学社会情報学部教授)

■ 2回目 7月16日(土) 
広島発信!「犬殺処分ゼロ」プロジェクトへのチャレンジから学ぶ「地域社会の幸せづくり」
講師:大西純子さん(認定NPO法人ピースウィンズ「ピースワンコ・ジャパン」プロジェクトリーダー)

■ 3回目 8月20日(土)
もっと知って欲しい!シングルファーザーたちのエトセトラ「シングルファーザーの世界」
講師:高松 明さん(NPO法人父子家庭サポートネットひろしま理事長)

■ 4回目 8月27日(土)
憲法って何だろう~あなたは子どもに説明できますか?「私たちにとって憲法とは何か」
講師:折橋洋介さん(広島大学大学院社会科研究科・法学部准教授)

■ 5回日 9月3日(土)
“頼れるのは息子より娘”時代の悲喜こもごも「娘はつらいよ。」
講師:春日キスヨさん(臨床社会学者)

■ 6回目 9月10日(土)
過去と現代社会のジェンダーを考古学の視点から読み解く「ジェンダー考古学から見る世界」
講師:松本直子さん(岡山大学文学部考古学教室教授)

開講時間

 13:00〜15:30(全6回)
※7月16日の講座に関しては国内外で災害が発生した場合,出動要請が最優先となるためプログラムが変更になる可能性があることをご了承ください。

開講場所

エソール広島

定員

25名

受講料

3,000円(全6回)

対象

県内在住または通勤の方(性別・年齢は問いません)

申込締切

6月27日(月)

申込方法

電話・ファクス・Eメールまたは下記申込フォームでお申込みください。募集締切後に受講決定通知を発送いたします。
*Eメールでお申込みの場合は,件名を「基礎講座」としてください。

託児

無料・1歳~就学前 ※要予約

募集要項等

募集チラシはコチラ [PDF:820KB]
申込書はコチラ [WORD:77KB]
ネットからの申込フォームはこちら

主催・申込み・問合先

公益財団法人広島県男女共同参画財団
TEL 082-242-5262   FAX 082-240-5441 E-mail essor@essor.or.jp